個人の積送品を中国大陸に輸送する場合の注意事項

1. 商品価格

中国輸出入条例によれば、中国に輸入される貨物は例外なく以下の基準を満たさなければなりません。

申告価格の上限 香港、マカオ及び台湾からの輸出入 その他国家からの輸出入
一小口の貨物に複数の商品を含む場合 申告価格の総額が800人民元を超えてはいけない 申告価格の総額が1,000人民元を超えてはいけない
一小口の貨物が分割できないただ一つの商品の場合 個人使用と認定された場合、申告価格の総額が、上記の上限を超えるものであっても、個人貨物として輸入できる場合がある

申告価格の証明のため、取引詳細または販売レシートのスクリーンショットを保存しておくことをお勧めします。

2. 通関のための正確な資料

具体的な貨物の内容および正確な申告価格を記載する必要があります。申告価格が実際の商品の価格より低く申告されている商品、通関できない場合もありますので、実際の金額を申告してください。

3. 商品の数量

商品の数量が個人利用として認められうるか確認してください。たとえば、健康補助食品2瓶は大人が6か月から12か月で使用する範囲内であり、認められやすいといえますが、同じモデルの腕時計を複数個輸入した場合、商業貨物と判断され、より複雑な通関手続きが課せられる可能性があります。

4. 中国大陸に輸出入される場合に課される輸入関税

中国に輸出入された物品には輸入関税が課される可能性があります。中国では、輸入関税を発送人もしくは受取人のいずれかが支払うことができます。輸入関税金額は、商品・数量および申告価格・当該物品の輸入関税支払価格(中国税関により決定された物品価格)によって決められます。輸入関税額が50人民元以下の場合は免税となります。

以下のリンクから、輸入関税率および輸入関税支払価格を確認することができます。

http://www.customs.gov.cn/publish/portal0/tab2751/info363071.htm

http://www.customs.gov.cn/publish/portal0/tab517/info231089.htm

5. 通関手続きのために荷受人の身分証明書コピーをアップロードする

S.F.エクスプレスでは、国により定められた関連法規・規定に基づき、中国における輸入通関手続きを行っています。中国税関総署により定められた輸出入条例によれば、受取人が個人の場合、受取人は、貨物の通関手続きのために身分証明書のコピーを提出する必要があります。

参考リンク(中国語):

http://www.customs.gov.cn/publish/portal0/tab517/info265077.htm


もしくは、WeChatを起動し「顺丰国际」を検索してください。

 

WeChatで身分証明書のコピーをアップロードするには

身分証明書のアップロード方法はこちら

6. 中国への輸出入にあたっては、中国で輸入が禁止・制限されている品目、検査検疫を必要とする品目があるので、ここで確認をお願いします。

詳細については、弊社カスタマーサービスcs1_jp@sf-express.comまたは 0120-683-683へお問合せくださいますようお願い申し上げます。

 *本文は中国語版を翻訳したもので、内容に相違が生じる場合には原文を優先します。