ログイン・出荷方法

個人ユーザーログイン

順豊の日本公式サイト www.sf-express.com/jp/ja/ を開き、右上隅の“ログイン”をクリックして、ログイン画面にお入りください。

 

“個人ユーザーログイン”タブをお選びいただき、ユーザー名・パスワードと認証コードを入力してください。システムの既定言語を変更したい場合には認証コード欄の左下隅にある言語選択欄より対応する言語をお選ください。

ログインするとOSMSという個人ユーザーページ に入ります:

 

個人ユーザーオンライン発注

ナビゲーション欄の上部の“オンライン発注”ボタンをクリックすると発注画面に遷移します。

発注内容の入力は住所情報、物品説明、発注明細の3ステップになっております。

1Step 1 住所情報

まず、図のように住所情報を入力してください。

住所を入力した後に、その住所を保存できます。画面の2か所に“住所録追加”ボタンがあります。クリックすると、対応する住所が住所録に追加されます。

郵便番号は県・市と連動しており、郵便番号を入力すると対応する県・市が自動的に入力されます。

住所録を保存すると、差出人住所または宛先住所の隣にある“住所録”をクリックして保存された住所を指定することができます。

 

2. Step 2 物品説明

配達物の具体的な内容を記入するステップです。上部の“追加”ボタンで物品情報を追加できます。“クリア”ボタンで一番下の物品情報を削除できますが、一番上の物品情報は削除できません。

3. Step 3 発注明細

オンライン発注の最後のステップです。

内容の記入後、(赤色の入力枠が記入必須項目です。記入した内容は指定されたとおりになっているかどうかご確認ください。)注文書を送信することができます。画面の下部にボタンがあります。

注文書プレビュー:注文書をプレビューできます。

取消し:入力された内容が全部クリアされますので、慎重にお使いください。

保存:保存後の注文書は下書きとして未送信状態になり、注文書内容を修正することができます。

送信:送信ボタンをクリックすると、システムが検証し、注文書の内容にエラーがなければ、注文書は確認済みになり、修正できなくなります。集荷担当者が配達物の受け取りにまいります。クリックしなければ、注文書は下書きになります。

 

法人ユーザー ログインと発注

一個口

1. アカウントとパスワードを入力し、ログインしてください。ご希望の言語を選択します。

2. 左側のナビゲーションバーにある「注文する」をクリックします。

3. 「注文する」を選択し、「新規」ボタンをクリックし、注文をスタートします。

4. まず、ステップ1~4のオーダーシートが表示されますので、発注内容を入力します。ピンクで表示されている必須入力欄には必ず情報をご記入ください。

5. 情報の入力を終えたら、「保存(下書き)」か「送信(サーバーへ)」ボタンをクリックしてください。「取り消し」ボタンは入力内容がすべて削除されますので、ご注意ください。

6. 送信完了後、オーダー一覧から発注内容を確認できます。間違いなく送信された場合には、送り状番号と発送状態も確認できます。

 

7. 入力内容が正しくない場合、エラーの内容と状況を確認できます。

 

 

大口注文

1. テンプレートをご用意ください。

2. テンプレート作成」を選び、右側の「新規」ボタンでテンプレートを作成してください。

3. テンプレート名称を入力して保存してください。重複したテンプレート名は使えません。

4.「マッチング」ボタンをクリックして、マッチングに入ります。

5. ファイルと内容を選択した後に送信してください。(Excelファイルはタイトル行とデータ行を確認します。CVSファイルは書類コード、区切り記号、フィールド囲み記号の確認が必要になります。)

6. 内容とSFフィールドをマッチングします。

ファイルのタイトル列からフィールドを指定することも、既定値列にデータを入力することもできます。

7. 終了後にマッチングを保存して、既定テンプレートに設定してください。「取り消し」は完了した作業内容がすべて削除されますので、ご注意ください。

8.「+」記号をクリックすると、フィールドを追加し、SFフィールドと対応させることができます。フィールドの順序は選んだフィールドの順序に基づきます。

9. インポートボタンをクリックして、テンプレートにあるその他の内容をインポートすることもできます。

     保存成功の画面に遷移すると、すべての情報を確認できます。

10. テンプレートの設置が終了し、既定テンプレートに設定されたことをご確認ください。

11. オーダーシートのインポート。

APSテンプレートに対応していますAPSテンプレートはダウンロードできますので、インポートの際にAPSテンプレートをご利用ください。

IBSシングルページ、IBSダブルページのテンプレートを使用できます。操作方法は上記と同様です。

 

12. 送信が成功すると、下記の内容が表示されます。

13. 送信できなかった場合、エラーメッセージが表示されます。

ファイルまたはマッチング条件を修正し、再度データをインポートしてください。

 

14. データが全部正しくアップロードされると、下記のような画面が表示されます。

正しくアップロードされると、一列目に送り状ナンバーが表示されます。それ以外では送り状は表示されません。

ここでいくつか注意事項があります。

a. 送り状ナンバーが発行されると修正はできません。

b. 注文書ごとに送り状ナンバーが発行されます。内容を変更する場合は、改めて注文書をアップロードし、前回と違う注文書番号を付けてください。

c. 下書き、エラーのある注文書のみ修正できます。

 

15. 注文書の取消し。注文書を送信しない、または取り消す際に、送り状の発行された注文記録をクリックして、取消し操作を行ってください。

16. オーダーシートの送信。下書きのオーダーシートについては、まとめて送信できますので送信ボタンをクリックしてください。

17. オーダーシートのプレビュー。オーダーシート、下書き、エラーのあるオーダーシートをプレビューできます。オーダーシートを選んで、プレビューで確認してください。

18. オーダーシートのエクスポート。オーダーシートを選ぶと、選択されたオーダーシートをエクスポートできます。

選択しなければ、現在のプレビュー内容に合わせてすべてのオーダーシートをエクスポートできます。

 

19. オーダーシートの削除。送り状の発行されていないデータ、下書き、エラーのあるオーダーシートのみ削除できます。一度削除したデータは回復できませんので、削除は慎重に行ってください。